はんこキャプターやぁのん

好きなものを堂々と好きでいたい。私の興味を綴るブログ。

  ↓各ジャンルの他ブログが読めます↓
にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 コレクションブログ スタンプ・風景印へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道ぶらり旅へ にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ

記事で自分語りをするかどうかについて、思ったこと

記事名と
URLをコピー

ふぇでらお federao (id:yoshimor) さんの記事を読んで、自分自身にあてはめてみて思ったこと。(ふぇでらおさん、いつもスターを付けてくださってありがとうございます!)

yoshimor.hatenadiary.jp

  1. 自分について書いた記事
  2. 自分以外ことを書いた記事

その2つがある、ということだった。

(ふぇでらおさんと、その記事のきっかけになった、 ちきりん (id:Chikirin)さんの話では「自分語り」と「人に伝えたいこと(自分の頭で考えたこと)」で対にされていたが、私としては「自分語り」でも、発信した時点で「人に伝えたいこと」なんだろうと思うので、言い回しを変えてみた。)

 

私のブログはどうだろう?

そもそも、自分の興味を発信する場として開設した。

そして私には、人に教えたり伝えたりできるような知識は…ない。

 

自分語りが過ぎると、内省的だったり、そんなの人に見せてどうしたいのってなることもあるだろうし、場合によっては自慢みたいになることもあると思う。

でも一方で、ニュースや本、自分に起こった出来事以外について意見を述べられる人は、強いなぁ、と感じている。

 

自分で調べたことを書くにしても、間違ったことを書いてしまうかもしれない。逆に、自分が感じたことは、時間が経って変わっていくとしても、それを書いている時点では自分の中の正解。

発信するならどんな内容であれ、責任を取らないといけない。

けれど、私自身に限って言えば、自分が体験していない内容には、責任と自信をもって発信できない。

 

だから、日記的要素を強めて、気楽に発信していくことにしました。

これからも、自分が体験したこと、感じたことを、記録として書いていけたらなぁと思っています。

 

人の記事の感想なんて、慣れないことをしてみましたが。

今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします。